ホームその他 ≫ 北欧雑貨が素敵な「かもめ食堂」のシナモンロール

北欧雑貨が素敵な「かもめ食堂」のシナモンロール


映画「かもめ食堂」をご存知ですか?

フィンランドで日本食の食堂を営むサチエ(小林聡美)と、食堂を手伝うことになったミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)、常連客たちとの日常を描いたストーリーです。

特にドラマティックな展開もないし、ロマンスもありません。

でも、なぜか心にじわーっと残る作品なんです。

多くのファンを持つ映画なので、淡々とした中にも人をひきつけてやまないパワーを持っているのでしょうね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

北欧の食器や雑貨、ファッションなど、センスのいい商品が出てくるのも映画の見どころ。

日本で手に入るものも増えてきた気がします。


かもめ食堂に出てくる料理の中でも、象徴的な使われ方をしているのがシナモンロールです。

食堂をオープンしても、ほとんど客足はなく、地元の人たちも、興味はあるけど、遠巻きに見ているだけ。

ある日、サチエは思い切ってシナモンロールを焼きます。

すると、その香りに誘われて、近所の主婦たちが食堂へとうとう足を踏み入れます。

食堂と地元の人を結ぶきっかけになったスイーツなんですね。


映画を見ていると、焼き立てのシナモンロールの甘い香りに鼻をくすぐられるような錯覚を受けます。

自分でも作ってみようかなぁと思った人もいるのではないですか? 

と言いながら、いまだに作ったことがない私(笑)


スタバのシナモンロールとビレロイ&ボッホのくまです。


日本食をフィンランドの人に食べてもらいたい気持ちが強くて、決して譲らなかったサチエがした思い切った行動です。

結果として、それがきっかけで地元の人に日本食メニューが受け入れられるようになります。

自分のポリシーを持つのはいいですが、相手に受け入れてもらいたかったら、歩み寄ることも必要なのだと感じさせられました。


日常生活の中でも、シナモンロール的なことってあるのではないでしょうか?

苦手な人に対してもこちらから声をかけたり、理解しようと努めたり、親しい人に対してはわがままになりがちですが、相手の気持ちややり方も尊重したり。

自分の考え方にこだわり過ぎると、大切なものが得られなかったり、失ってしまうこともあるのではないかとシナモンロールを頬張りながら思うのでした。


応援クリックをしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル