ホームプチ糖質制限 ≫ 糖質の取り過ぎが老化を進める!AGEをためずにアンチエイジング

糖質の取り過ぎが老化を進める!AGEをためずにアンチエイジング


活性酸素により、体内の細胞が傷つけられる「酸化」についてはよく知られてます。

酸化を防ぐには、抗酸化作用のある食べ物が効果的だと耳にする機会もありますよね。

では、糖化はどうでしょう?

健康や美容に関心が高い人はご存じでしょうが、世間に広く知れ渡っているとまでは言えません。

今日は、糖化をできるだけ防いで、老化スピードを緩やかにするコツをお伝えします。

ダイエットの話題ならこちら
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村
食事で糖質をとりすぎると、体内でタンパク質と結びつきます。

すると、タンパク質が劣化し、糖化がおきます。

糖化したタンパク質からは、AGE(終末糖化産物)という体に害のある物質が発生。

体の機能を低下させ、老化を促進します。


◇AGEが増えるとどうなるの?

・髪のツヤが失われ、コシがなくなります。

・骨の周りのコラーゲンがAGE化すると、骨に負担がかかり、関節痛が発生します。

・血管のコラーゲンがAGE化すると、血管が硬くなります。さらにひどくなると、心筋梗塞や脳梗塞に。

・肌にしわ、しみ、くすみができます。

がんやアルツハイマー、白内障などもAGEが関与していると言われています。

糖質の少ないサラダ

◇体にとりこむAGEを減らすには?

炭水化物やスイーツの摂取を減らす以外にも方法はあります。

食事に気をつけることによって、AGEを減らせます。


1.調理法で減らす

・生で食べられるものは生で食べる

・「焼く、炒める、揚げる」よりも「ゆでる、蒸す、煮る」


ゆで卵のAGE量を1とした場合、オムレツは2~3倍、目玉焼きでは10倍以上になります。

ゆでたジャガイモに比べて、フライドポテトではなんと90倍にも!

調理法によって、大きな差ができちゃうんですね。


2.ビタミンB1、B6でAGEを減らす

ビタミンB1、B6は、AGEを減らす手助けをします。

ビタミンB1は、糖質や脂質の代謝を助けてくれます。

豚肉、大豆製品、ごま、玄米などに含まれています。

ビタミンB6をとると、AGEが低下するそうです。

牛肉、鶏肉、かつお、まぐろ、にんにく、くるみなどに含まれています。


3.食物繊維を含む食品をとる

食事の際、食物繊維を含んだ食品を最初に食べると、血糖値の上昇が緩やかになります。


うちでは、白米に雑穀を入れて食べてます。

食物繊維が豊富なので、血糖値の急上昇を防ぐこともできるし、ダイエット効果もあるようです。

雑穀ごはんを食べるようになってから、体重が少し減りました。

それに、食べ慣れるとおいしいんですよ。

雑穀は、スーパーに売っているので、興味がある方は手に取ってみて下さい。



今日はどれを押してみる?

にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル