ホーム免疫力アップ ≫ 「免疫力を高めるには食べ過ぎが要注意」の理由とは?

「免疫力を高めるには食べ過ぎが要注意」の理由とは?


本屋さんに行くと、様々なダイエット本が並んでいます。

あなたも今までにいくつかのダイエットに挑戦したことがあるのではないでしょうか?

年齢と共に基礎代謝が悪くなるため、若い頃と同じ量の食事を摂っていても体重が増え、やせにくくなります。


あなたのクリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
基礎代謝のピークは10代で、その後は低下していきます。

現代の日本人は、食べ過ぎの傾向にあると言えるでしょう。

食べ過ぎは、体を冷やして免疫力を低下する原因になります。


食事をすると、血液は食べたものを消化するために胃腸に集まります。

たくさん食べると筋肉や肝臓、脳には血液が十分に送られなくなり、体温が下がります。

血液中にも栄養素が大量に運ばれ、白血球も栄養素をたくさんとって満腹になります。

すると、白血球が病原菌を食べる力も弱まり、免疫力が下がるのです。


食べ過ぎにより腎臓などへ流れる血液が少なくなり、血液の中に老廃物がたまり、体調も悪くなります。

血液の流れが悪くなると、脳梗塞や心筋梗塞などの大病につながる場合もあります。


食べ物の中でも、肉や卵などの動物性たんばく質は食物繊維が含まれていないため、便秘を招き、腐敗菌を増やします。

腐敗菌は、腸内にアンモニアなどの有毒物質を作り出し、その物質が血液に吸収されるため、血液が汚れてしまいます。


肉よりも魚の方がいいと言われている理由のひとつは、魚の脂肪は人の体温より低い室温でも液状なので、体内でも毒素が発生しないからです。

免疫力を高めるためにも、肉を食べる時は、切り干し大根やレンコン、海藻類など繊維を含んだ食品と一緒に食べると消化しやすく、腸の負担が軽くなります。

食べ過ぎに気をつけて、毎日の食事を楽しみたいですね。


あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル