ホームスポンサー広告 ≫ カラフル野菜でアンチエイジングホームその他美容 ≫ カラフル野菜でアンチエイジング

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


カラフル野菜でアンチエイジング


活性酸素が人に及ぼす弊害は約200種類もあるようです。

活性酸素は、紫外線、過度なストレス、たばこ、乱れた食生活、電磁波などによって発生します。

美容面でも影響は大きいです。

紫外線により、体内に活性酸素が発生すると、除去しようとメラニン色素が分泌されます。メラニン色素が多く分泌されると、しみも増えます。


あなたのクリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
活性酸素が細胞膜を酸化させるため、細胞が正常に働かなくなります。

皮膚のコラーゲンやエラスチンの生成が上手くできなくなり、しわやたるみの原因にもなります。


活性酸素は、9割以上の病気に関わっているといわれています。

例えば、がんや動脈硬化、脳梗塞が挙げられます。

過剰に作られた活性酸素が正常な細胞までも攻撃し、DNA情報を傷つけます。

そして、遺伝子情報を書き換えて、がん細胞を作るのです。

活性酸素が体の中のコレステロールや中性脂肪を酸化させ、ひどくなると動脈硬化や脳梗塞をおこします。


人の体にはもともと抗酸化力がありますが、20才前後を境に次第に弱まっていきます。

そこで、食事で抗酸化力のあるものを補うことが大切になります。


セサミンの抗酸化力で年齢に負けない
レビュー記事はこちら⇒健康食品の大手サントリーウエルネスの看板商品「セサミンEX」


コツは、様々な色の野菜・果物を摂りいれることです。

何種類もまとめて摂った方が、相乗効果で抗酸化力が高まります。

抗酸化力の高い赤ピーマン

赤い食品

トマト、すいか、赤ピーマン、唐辛子


黄色い食品

とうもろこし、かぼちゃ、ゴールドキウイ


オレンジ色の食品 

にんじん、みかん、マンゴー


紫の食品

ブルーベリー、カシス、赤キャベツ、黒豆


白い食品

にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら


緑の食品

キャベツ、ほうれん草、小松菜、ピーマン


食卓が、カラフルになると抗酸化力も高まるんですね♪


逆に、活性酸素を増加させる食品は、

・食品添加物が入ったもの

・揚げ物

・スナック菓子です。


これらを全く食べないというのも現実的に難しいと思います。

買い物をする時に少し意識してみるといいのではないでしょうか?



いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。