ホームがん予防・抗酸化 ≫ あの定番の食べ合わせで発がん物質ができる?〜フジTVバイキングの「体に良い食べ合わせ、悪い食べ合わせ」

あの定番の食べ合わせで発がん物質ができる?〜フジTVバイキングの「体に良い食べ合わせ、悪い食べ合わせ」


栄養の多いサラダ


フジTV「バイキング」で、体に良い食べ合わせ、悪い食べ合わせについて白澤卓二先生が紹介していました。

食べ合わせのことなら、ある程度は知っているつもりだったんです。

でも、多くの人がしている定番の食べ合わせに悪い食べ合わせがあると言うではありませんか。

中には、発がん物質ができる可能性がある食べ合わせまであるんですって!

その悪い食べ合わせとは・・・

いつまでもキレイでいるための情報が満載
にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

体に悪い食べ合わせは?

白澤先生によると、普段私たちが良くする食べ合わせには、体に悪い食べ合わせも含まれているとか。

体に悪いというのは、害になる以外にも、食物の栄養素が上手く摂りいれられないという意味も含みます。

番組で放送していた悪い組み合わせとその対処法です。


●トマトときゅうり

トマトにはビタミンCが豊富ですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼにビタミンCを壊してしまう働きがあります。

対処法:ドレッシングやマヨネーズをかけると、ビタミンCの破壊を防ぎます。


●さんまと漬物

サンマを加熱すると、ジメチルアミンという物質ができ、それが漬物に含まれる亜硝酸塩と一緒になると、ニトロソアミンという発がん物質になる可能性があります。

対処法:レモンをさんまにかければ、発がん性物質の発生を抑制できます。


●わかめとねぎ

わかめには、カルシウムが豊富ですが、ねぎに含まれている硫化アリルがカルシウムの吸収を抑制してしまいます。

対処法:小魚を一緒に食べれば、カルシウムの吸収を助けます。


どれも定番の組み合わせなのにねぇ。トマトときゅうり、わかめとねぎなんてしょっちゅうやってましたよ。

せっかく対処法も教えてくれたことだし、頭の片隅に入れておきます。


体に良い食べ合わせは?

では、逆に体に良い食べ合わせはどんなものがあるんでしょうか?用途別にご紹介します。


疲労回復→卵ともやし

もやしのペプチドと卵のビタミンB1は疲労回復効果あり。他にも、豚肉と玉ねぎ、グレープフルーツと紅茶も疲労に効きます。


こり解消→玉ねぎとたこ

玉ねぎはご存知のように血液サラサラ効果があり、たこには血圧を下げる効果があります。


むくみ解消→納豆と卵

納豆は、ナトリウムを排出し、卵は体の老廃物を回収します。他にも、わかめときゅうり、豚肉とゴーヤの組み合わせもむくみに効きます。


脂肪燃焼→コーヒーとナッツ

ナッツがコーヒーの脂肪分解酵素を高めてくれます。


アンチエイジング効果のある食べ合わせなら、こちらの記事に→アンチエイジング効果のある食べ合わせとは?


私が肉を食べる時にやっている体に良い食べ合わせもご紹介しますね。

肉は、炭水化物や野菜・果物と比べると消化に時間がかかりますよね。

しかも、肉食が多いと、腸内環境が悪化し、便秘の原因に。


そんな時はキャベツの千切りがおすすめ。

キャベツには肉の消化を促進してくれる働きがあります。

さらに、キャベツに含まれる辛み成分のイソチオシアネートには、肺がんを予防する効果も。

フランスの研究によると、キャベツをたくさん食べている人は肺がんが30%少ないとか。特に千切りが有効だそうです。

普段の食事で、食べ合わせまで考えると、しっかり栄養がとれそうですね。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル