ホームがん予防・抗酸化 ≫ 日比野佐和子先生が紹介したくるみの新しい効能とは?~バイキングひるたつ

日比野佐和子先生が紹介したくるみの新しい効能とは?~バイキングひるたつ


オメガ3脂肪酸を含むくるみ


11月6日の「バイキングひるたつのコーナーでは、日比野佐和子先生がくるみを紹介。

くるみの効能なら、動脈硬化の改善や心筋梗塞予防でしょと思われるかもしれませんが、新しい効能があるんです。

それは、何かというと・・・

ナチュラルに自分らしく。
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
あなたの血液の状態は?

あなたの今の血液の状態をチェックしてみませんか?

□脂っこいものばかりで野菜を食べない

□甘いものが大好き

□お酒を飲む日が多い

□運動はあまりしない方だ

□家庭や職場でストレスを感じている

□タバコを吸っている


3つ以上当てはまった人は、血液ドロドロの可能性があります。

どうでしたか?

当てはまってしまったとしても、くるみを食べることで改善できます。


くるみの新効能とは?

オメガ3脂肪酸は、人の体の中では作られないので、食べ物から摂取する必要があります。

その点、ナッツの中で最も多くオメガ3脂肪酸を含むくるみは最適。

魚にもオメガ3脂肪酸は含まれていますが、くるみと同じ量を摂ろうとすると、まぐろの刺身では500gも食べなくてはなりません。

いくら刺身が好きでも、500gはきついですよねぇ(^-^;


くるみの効能

  • 動脈硬化の改善


  • 心筋梗塞・脳梗塞の予防


  • 美肌効果


  • 冷え性予防


  • ダイエット効果



このあたりは、ご存じの方もいらっしゃるでしょうね。


番組で紹介された新しい効能とは、がんの発症リスクの低下。

ハーバード大学医学部の研究で、女性に週2回くるみを食べてもらったところ、すい蔵がんの発症リスクが低下したそうです。

すい蔵がんは、発見しずらいがんですが、くるみを食べることでリスクが下がるなんてうれしいニュースです。


そこで、どれぐらい食べればいいのか?というと、

1日28g。これで、2.8gのオメガ3脂肪酸を摂ることができます。

片手で一握りほどの量になります。

日比野先生は、塩分を取りすぎないように無塩のくるみを勧めていましたよ。


おすすめの食べ方は?


長野県はくるみの生産量が日本一。

そんな長野県民がおすすめの食べ方は、くるみそばとくるみみそ。

  • くるみそば

  • 砕いたくるみをつゆに入れて食べます。

  • くるみみそ

  • 材料(2人分) くるみ100g、みそ大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、塩適量

    1.みそ、砂糖、みりんを鍋で煮詰めます。

    2.くるみを入れて一煮立ちさせればできあがり。

    くるみみそは、五平餅やお米、野菜につけて食べているそうです。ご飯がすすみそうですね。


日比野先生のおすすめの食べ方は、くるみバナナヨーグルト。

ヨーグルトの中にカットしたバナナと刻んだクルミを入れたものです。

ヨーグルトの善玉菌で腸内環境を整え、バナナのオリゴ糖が善玉菌を活性化させてくれます。そして、くるみで血行改善と健康的なメニュー。朝食に食べるのが効果的だそうです。


私のお気に入りのオリゴ糖です⇒カイテキオリゴのレビュー~口コミでも評判。効果の早さにビックリ★便秘に悩んでいる人におすすめ


私は、くるみをそのまま食べることが多かったので、料理に使ったとしても刻んでサラダにかけるぐらいでした。

くるみバナナヨーグルトは、美味しそうですね。

46才でも美肌をキープしている日比野先生に近づけるなら、試してみたくなりました。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル