ホームスポンサー広告 ≫ 顔の○○が衰えると、全身の筋力が低下する~みんなの家庭の医学ホームその他健康 ≫ 顔の○○が衰えると、全身の筋力が低下する~みんなの家庭の医学

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


顔の○○が衰えると、全身の筋力が低下する~みんなの家庭の医学


美味しそうな肉


2月2日の「みんなの家庭の医学」は、顔のある部分が衰えると、全身の筋力が低下するという興味深い内容でした。

筋力に自信がない40代の私も、これにはドキッ(^-^;

全身の筋力が弱まると、寝たきりになる場合もあるそうなんです。

一体、顔のある部分ってどこなんでしょうか?

ナチュラルに自分らしく。
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
舌の筋力と全身の筋力の関係

厚生労働省が、65才以上を対象にして、全身の筋力と舌の筋力の相関関係について調査しました。

すると、舌の筋力が衰えている人は健康な人に比べて、全身の筋力が30%も低下していることが判明。


日本歯科大学の菊谷武先生によると、

「普通、筋肉は一方向に繊維が走っていますが、舌は3次元的(まっすぐ、縦、横)に繊維が走っている」そうです。

舌を自由に動かすことができるのは、咀嚼(そしゃく)を助けるため。

そのため、筋力が弱まると、物が食べづらくなるどころか、全身の筋力の衰えにつながるのだとか。


目を開けて、片足立ちをするテストでは、全身の筋肉の状態を推測できます。

番組で、65~76才の男女7人に対して、開眼片足立ちテストをしたところ、4人が実年齢よりも弱っているという結果に。


体の筋肉量が、年齢と共に減少することはよく聞く話です。

でも、舌の筋力なんて、今まで気にしたこともなかったわ(笑)

高齢者じゃないけど、実年齢以上に弱っているのではないかと少し不安に。

でも、どうして衰えるのでしょうか?


コラーゲンペプチドで、筋肉量をキープ♪→進化したコラーゲン「BMペプチド」のレビュー~肌に髪に関節に届く


舌の筋力が衰える理由は?

舌の筋力が衰える理由は2つあります。


1.咀嚼回数

かむ回数が多いほど、筋肉はよく動くので、舌の運動量が増え、筋力を維持できます。

一般的に、1回の食事で噛む回数は、620回だと言われています。


そこで、舌の筋力をはかるテストで、舌年齢が20代だった佐藤さんと舌年齢が80代だった中須さんの噛む回数を調査しました。

お二人とも、60代女性なんです。

どうしてこんなに舌年齢に開きが出たのでしょうか?


1日の食事で、噛む回数を数えたところ、佐藤さんが2327回に対し、中須さんはたったの868回と3倍近い差が!

この差は、食事の内容にありました。

佐藤さんは、ステーキ肉やごぼうの煮物など固い食べ物を好んで食べていました。

一方、中須さんは、あんかけやとろろなどの柔らかい食べ物が好みでした。


介護予防研究の専門家、東京大学の飯島勝矢先生によると、

「口腔機能が少しでも衰えてくると、柔らかいものを選ぼう」とするそうです。

だから、歯ごたえのある肉を避けようとするんですね。

すると、たんぱく質が不足しがちになり、筋力が落ちてしまうというわけです。


50~69才女性の1日のたんぱく質の推奨摂取量は、50gですが、佐藤さんの100.8gに対して、中須さんは43.5gしか摂れていませんでした。


2.人と会話すること

話しをするほど、舌はよく動き、筋力が維持されます。

1日に話した単語数は、佐藤さんが2528語に対して、中須さんは、761語でした。

佐藤さんは、旦那さんと2人暮らしだけど、中須さんは1人暮らし。


今、家族と同居している人だって、将来1人暮らしになる可能性もありますよね?

「他人事ではないなぁ」とふと老後を考えてしまいました。

それには、高齢者になっても、外出できる筋力をキープしておかねばなりませんね。


観月ありささんも筋肉を鍛えています⇒観月ありささんの美脚を作る美容法とは?


舌の筋力が蘇るスルメトレーニングのやり方

菊谷先生が、舌の筋力を蘇らせる方法として、紹介したのは、スルメトレーニング。

よくかまなければならない食べ物のするめはトレーニングにはもってこいです。


1.適当な大きさのするめを1本加えます。

2.舌で、するめを奥歯へ移動します。

3.1回かみます。

4.舌で、反対側の奥歯へ移動します。

5.1回かみます。

6.何度も繰り返し、飲み込みやすくなったら終了。


*1日3回行います。1回の目安は5分程。


このトレーニングを6日間、中須さんにしてもらったところ、

舌の筋力測定は、24.4から35.4になり、10才も若返り。

片足立ちテストが、3秒から 29秒に大幅に記録が伸びて、60代前半になりました。


6日間で、これだけ改善するのなら、継続すれば、もっといい結果になりそう。

現代は、やわらかい食べ物が多いから、意識しないと固い食べ物がどうしても不足しがち。

かむ回数を増やして、筋肉を落とさないようにしたいものですね。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。