ホームダイエット ≫ 白澤式ケトン体ダイエット

白澤式ケトン体ダイエット


女性は50才を過ぎると、基礎代謝が急に落ちます。

なので、それまでと同じように食べていると太ってしまいます。

肥満を避けるためには、食べる量やカロリーを減らす必要があります。

生理があるうちは、体も皮下脂肪型ですが、閉経後は男性と同じ内臓脂肪型に。

そのため、男性によく見られるメタボや脂肪肝、動脈硬化や心臓病のリスクも高まるのです。


あなたのクリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
女性ホルモンの恩恵を受けている間は避けられていたリスクが、閉経以降は努力しないと避けられなくなります。


50代になったら、食事はそれまでの7割を目安にするのがいいそうです。

人の体は、炭水化物や糖質をブドウ糖エネルギーにする「糖質回路」と、脂肪を燃やしてエネルギーにする「ケトン体回路」を持っています。

炭水化物を食事で多く摂取する日本人は「糖質回路」が動いています。

ブドウ糖に変わったエネルギーは5時間分しか肝臓に蓄えられず、残りは脂肪として貯蔵されます。

「糖質回路」を使いきった時に炭水化物を摂らなければ、「ケトン体回路」が動き出し、体脂肪が燃料となります。

ここで糖質を控えれば、ケトン体回路が続き、体内の脂肪が燃やされるのです。


これを利用したものが、白澤式ケトン体ダイエットです。

このダイエットは、白澤卓二先生が勧めていて、
朝は野菜と果物をミキサーにかけたジュースのみで炭水化物や糖質をとりません。

昼は、野菜と魚か肉 
夜は、野菜と魚か肉か豆腐

昼と夜に炭水化物を食べる時は、雑穀ご飯か玄米が基本です。

甘いものは食べずに、おやつはナッツか果物


ケトン体ダイエットのサポートをしてくれるココナッツオイルです
スプーン1杯で便秘体質を脱出★プカプカのエキストラバージンオイルのレビュー


確かに炭水化物や糖質を控えめにするダイエットは効果がありますね。

朝はスムージーを飲んで、炭水化物を抜くようにしたら、体重が減りました。

個人的には、炭水化物を抜くのは1日1食にした方がいいと思います。

炭水化物を減らしすぎても、血管の老化を引き起こすという説もあるからです。

今まであまり意識をしてませんでしたが、女性ホルモンってありがたい存在なんですね。


あなたの応援クリックが更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル