ホームその他健康 ≫ 甘酒には質の良い睡眠がとれ、血圧の上昇を抑える効果も~林修の今でしょ!講座

甘酒には質の良い睡眠がとれ、血圧の上昇を抑える効果も~林修の今でしょ!講座


ぐっすり眠っている猫


3月15日の「林修の今でしょ!講座」の甘酒の効果について、昨日に引き続きご紹介します。

昨日は、目のくまを改善したり、肌荒れを予防する飲み方についてお伝えしました。

今日は、質の良い睡眠をとる飲み方と血圧の上昇を抑える飲み方についてです。



ナチュラルに自分らしく。
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
甘酒で睡眠の質が上がる

杏林大学の古賀良彦先生によると、甘酒には睡眠の質を上げる効果があるそうです。

どうしてでしょうか?


秘密は甘酒の成分にあり。

深い眠りを作る脳内物質アデノシンを活性化してくれるのです。


夢を見ている時は、レム睡眠で、質の良い睡眠とは言えません。

声をかけても起きないぐらいの深い眠りが、良い睡眠です。


質のいい睡眠には、酒かすで作られた甘酒がおすすめ。

酒粕に含まれる清酒酵母に効果があるのだとか。

酒粕の甘酒を飲んだグループは、飲まないグループと比べて、質の良い睡眠時間が10~20%増えたというデータがあるそうです。


飲むタイミングは、寝る1~2時間前。

摂取量は、コップ1杯程度です。



質の良い睡眠をとる効果は4つあります。

1.脳や体の機能が一旦停止して、リフレッシュ効果がある。

2.記憶を整理整頓。

3.成長ホルモンが分泌して体を修復

4.免疫力が上がる


眠りが浅かったり、寝付きが悪いなと感じていたら、甘酒を寝る前に飲んでみてはいかがでしょうか?


甘酒には、目のくまや肌荒れ改善効果もある→甘酒で、目の下のくまが改善、美肌になる飲み方は?~林修の今でしょ!講座


甘酒で血圧が下がる?

米麹で作られた甘酒に入っているペプチドには、血圧の上昇を抑える働きがあるそうです。


血液中には、悪さをしないホルモン(アンジオテンシンⅠ)が存在します。

でも、ストレスなどが原因でACEという酵素と結びつくと、悪い働きをするホルモン(アンジオテンシンⅡ)に変化してしまいます。

その結果、血管を収縮させたり、尿で出るはずの塩分を血液の中にためるので、血圧が上昇し、高血圧に。


甘酒を飲むと、ペプチドが悪い酵素とホルモンが結びつくのを防いでくれます。

つまり、血圧の上昇にブレーキをかけてくれるのです。


また、甘酒には消化酵素が含まれています。

高い温度になると、甘酒の成分が壊れてしまうので、常温か冷やしたものを飲むといいそうですよ。


イシハラクリニックの石原新菜先生によると、すりおろしたしょうがと一緒に飲むのがいいのだとか。

しょうがにはジンゲロンなど辛み成分が入っているので、末梢血管を開き、血圧を下げる効果が期待できます。


ポイントは、しょうがの皮と一緒にすりおろすこと。

しょうがの皮の部分にも、利尿効果がある成分が含まれています。

血圧を上げるホルモンは、日中よく働くので、朝に飲んだ方が良いそうです。

ただ、薬ではないので、過信は禁物。


私は、甘酒独特のあの味が苦手なんです。

これだけ甘酒を勧めておきながら、何なのよって感じですが(^^;)

だけど、これだけ様々な効果が期待できるのなら、飲んでみようかという気にもなりますね。

佐伯チズさんもしょうがを入れて飲んでいるぐらいですから、美肌効果はお墨付きではないでしょうか。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル