ホームスポンサー広告 ≫ アンチエイジングに画期的!老化を防ぐサーチュイン遺伝子を活性化させる方法ホーム長寿の秘訣 ≫ アンチエイジングに画期的!老化を防ぐサーチュイン遺伝子を活性化させる方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


アンチエイジングに画期的!老化を防ぐサーチュイン遺伝子を活性化させる方法


サーチュイン遺伝子という言葉を聞いたことはありますか?

アメリカのレオナルド・ガレンテ博士が発見したサーチュイン遺伝子が注目されています。

長寿遺伝子とも言われ、アンチエイジングには欠かせない遺伝子です。

あなたのクリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
ガレンテ博士は酵母の研究で、Sir2(サーツー)という遺伝子を取り除くと酵母が早く死に、増やすと長生きすることを発見しました。

Sir2(サーツー)と同じような遺伝子は、マウスや人にもあることが分かっています。


サーチュイン遺伝子は、寿命ではなく老化をコントロールします。

普段は遺伝子のスイッチがオフになっていて、それがオンになると老化を抑制でき、長生きする可能性が増えます。

サーチュイン遺伝子が活発になると、細胞を修復したり、代謝を促して肥満を防止したり、体の生体機能のバランスを整えてくれるといいます。


では、どうすればスイッチをオンにすることができるのでしょうか?


サーチュイン遺伝子をオンにするには2つの方法があります。

1.ポリフェノールの一種、レスベラトールを摂ること

ポリフェノールたっぷりのぶどう

レスベラトールは、ぶどう、アサイー、赤ワインに含まれています。

老化防止だけでなく、血流を良くして、動脈硬化予防もしてくれます。

また、コレステロールがたまりにくくなるため、肥満防止にもなります。


2.カロリー制限をすること

ガレンテ博士が、酵母菌でカロリー制限をする実験をしたところ、カロリーを25%減らすと、Sir2が活性化することが分かりました。

人もカロリー制限をすれば、Sir2が活発に動くということになります。


といっても、過度なカロリー制限は体を壊してしまう可能性があるのでやめた方がいいでしょう。

目安としては、腹8分目でしょうか?

おいしいものがあるとついつい食べ過ぎてしまいがちですが、もうちょっと食べたいなというぐらいでストップするのが理想的です。


あなたの応援クリックが更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。