ホーム腰痛・坐骨神経痛体験談 ≫ 腰痛の原因となる悪い姿勢を改善する6つの対処法~家事編

腰痛の原因となる悪い姿勢を改善する6つの対処法~家事編


椎間板ヘルニアになってから、前屈みになると腰に痛みが出るようになりました。

今まで意識をしていなかっただけで、日常生活で前かがみになる姿勢って意外と多いんですよね~

特に、家事。

洗濯も掃除も炊事もそう。

そこで、できるだけ前かがみになるのを減らすべく、姿勢を見直して改善することにしました。

やっぱりカジュアルがいいね
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
洗濯

洗濯ものを干す時だけではなく、その前後でも前かがみになっていたことが判明。

・脱衣かごから、洗濯機に衣類を入れる時

・洗濯機から、洗濯物を取り出す時

・洗濯物を干す時

・洗濯物をたたむ時


洗濯物を干す時は、地面に洗濯かごを置いて、かがんで取ってました。

たたむ時は、ソファに洗濯物を置いて、前かがみになってやってました。

何年もこのスタイルでやっていたので、疑問にも思わずにずーっとやり続けてきたんです。


特に、たたむ時なんて、別の場所でやってもいいのにね。

我ながら、どれだけ前かがみになってるんだって思いました(^^;)

習慣って怖い。


改善点

1.洗濯かごの持ち手を左腕に掛けて、洗濯物を干すようにする。一度に入れると重いので、分けてかごに入れる。

2.洗濯物をたたむ時は、机の上で。


炊事

腰が痛くない時は何とも思わなかったけど、腰が痛いと下の方に置いてある物をとるのがしんどい・・・


キッチンを見渡せば、鍋やフライパンなどが、下の収納に入れてあるし、調理油や缶詰なども、下の棚がずーっと定位置でした。


お米も下の方に保存していました。

5キロずつ小分けにしたお米の袋を使う度に持ちあげたり、下ろしたり。

しゃがむと膝が痛いので、お米を炊く時にいちいち持ちあげてた・・・


さらに、食器棚のお皿も置く位置が決まっていて、ライフスタイルの変化に合ってない。

あまり使わなくなったお皿が手の届く位置にあったり、よく使うようになったお皿を下の棚から出していたり。

これは、変えなくては。


改善点

3.よく使う鍋やフライパン、調理油や缶詰などを、上の棚に移す。

4.使わなくなったお皿を下の棚に移動し、よく使うようになったお皿は手の届きやすい位置に。

5.お米はプラスティック容器に入れて、取りやすい位置に移動。
お米の保存ケース


掃除

掃除も前かがみになる姿勢が多い家事です。

腰痛になって、一番負担に感じたのは、お風呂掃除。

天井や壁はまだしも、浴槽はかがまざるをえなくて。

腰が痛くなってから、今までのお風呂ブラシでは掃除が思うようにできなくなって困りました。


改善点

6.お風呂掃除のブラシを変えました。

ユニットバスボンくん


ユニットバスボンくんです。

柄が長いから、浴槽を洗う時も、腰を曲げずに掃除ができます。

洗剤なしで、浴槽のぬめりもとれちゃいます。

お風呂掃除がすっかり楽になりました。


これで、腰の負担になる姿勢は半分近くは減っているはず。


今、腰の痛みを感じていなくても、腰痛予防のために普段の姿勢を見直してみるといいかもしれません。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル