ホームダイエット ≫ ダイエットを成功させるために、大豆製品を朝食に食べる理由

ダイエットを成功させるために、大豆製品を朝食に食べる理由


えん麦を入れたスムージー


ダイエットで、カロリー管理糖質制限をすることが多いですよね。

健康雑誌を読んでいたら、ある食べ物を朝食に食べると、ダイエット効果が上がるのだとか。

さて、その食べ物とは?

やっぱりカジュアルがいいね
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
食物繊維がダイエットや美容に役立つ理由

ダイエットには、食物繊維をとって腸内環境を改善するといいとよく言われますよね。

食物繊維は腸内環境の改善だけではなく、血糖値の上昇を抑える役割もします。


また、肌老化の原因の一つである糖化も、血糖値の高い状態が長く続くことにより引き起こされます。

コラーゲンが糖化すると、しわやたるみの原因にもなりかねません。


ダイエット面でも美容面でも食物繊維を取るに越したことはないのです。

特に、朝食に食物繊維の多い食べ物を取ると効果的です。


セカンドミール効果とは?

朝食に食物繊維を取ると、朝食後の血糖値の上昇を抑えるだけではなく、昼食後の血糖値の上昇も抑えることができます。

一度に二食分の血糖値を抑えられるなんて、得した気分になりますね。

大豆製品やえん麦などの食物繊維が多い食品を食べると、セカンドミール効果があるそうです。

セカンドミール効果とは、先に取った食事が次の食事後の血糖値に影響を及ぼすこと。


例えば、こんな実験結果があります。

健康な男女8人に、朝9時と昼12時に食事をしてもらい、各食前から2時間後までの血糖値を測定した。

昼食は同じ食事をしてもらい、朝食には大豆菓子、米菓子、何も食べないときの3パターンを試した。

その結果、大豆菓子を食べた時の1食目の血糖値の上昇は、米菓子に比べて大きく低下。

また、2食目の食後の血糖値も低減された。

(引用元:日経ヘルス)


大豆菓子でも効果があるんですねぇ。

そうなると、ダイエット効果を上げるためにも、朝食に食物繊維を是非取りたいもの。


私は、えん麦をスムージーに入れて朝食に飲んでいます。

えん麦は、オートミールにも加工される低GI食品。

食物繊維が玄米の9倍もあり、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維を合わせ持つ食品だから、お通じも調子いい。


しかも、食物繊維が多いだけではなく、やせやすい体を作るサポートまでしてくれるんです⇒腸内のやせ菌を増やして、ダイエットをサポートしてくれる「えん麦のちから」のレビュー


私が良く食べている蒸し大豆は、大豆デイズ。
DSCN1373_convert_20160222133624.jpg

そのまま食べても栗のような甘味があって美味しいし、料理に使ってもよし。

安くて、使い勝手もいいから重宝しています→旨さ格別。だいずデイズの「スーパー発芽大豆」で糖質制限ダイエット


ダイエットを成功させるためにも、食べやすい食品を朝食にプラスしてはいかがでしょうか?


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル