ホームたるみ・くすみ対策 ≫ 紫外線より顔のたるみに影響する近赤外線の対策

紫外線より顔のたるみに影響する近赤外線の対策


アロマオイル


紫外線に、A波とB波があるのはよく知られています。

でも、近赤外線はもっと肌の奥深くまで届き、たるみやしわの原因になるのだとか。

そこで、オイルを使った肌の老化防止法をご紹介します。

やっぱりカジュアルがいいね
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
近赤外線とは?

紫外線のA波は真皮に、B波は表皮まで到達します。

それに対して、近赤外線は波長が長いので、真皮を通り抜けて、筋肉までも届きます。


しかも、近赤外線は、私たちが浴びる太陽光の半分も占めているのです。

日常的に長時間浴びると、筋肉組織を壊して、しわやたるみの原因になりかねません。

つまり、肌の老化を起こしやすいわけです。


では、どうやって肌を守ればいいのでしょうか?


オイルで紫外線、近赤外線をブロックする

クリニカタナカ形成外科の田中洋平先生によると

メイクの前にオイルを1滴使うと紫外線から肌が守れるのだとか。

オイルには光を錯乱させる働きがあり、日焼け止めと同様に紫外線をはね返す作用があるのです。

オイルの層が天然の皮脂の代わりになり、乾燥を防いで潤いをキープ。

使い続けると、次第に本来の保水力が高まるので、より焼けにくい肌に変わっていきますよ。

(引用元:からだにいいこと)


今まで夏はべたつくからオイルを使うことはありませんでした。

でも、たったオイル1滴でそんな効果があったとは。


私は1時期アロマにはまっていて、手作りで化粧水とかジェルとか石鹸とか作っていたんです。

ホホバオイルも良く使っていたので、朝のメイク前に試してみたくなりました。

ホホバオイルは、人の皮脂の成分に近いので、肌に刺激が少ない優しいオイルです。


バイキングの紫外線対策も役立ちます→医師がおすすめのシミやしわを増やさない紫外線対策


紫外線、近赤外線をブロックするオイルの塗り方

使うオイルは、肌に合うものを選びます。

手持ちのオイルがあればそれを使うといいでしょう。


オイルの塗り方は

1.オイルを手にとり広げる

洗顔後、オイルを1~2滴手にとり、手のひら全体にのばす。量は、肌がベタつかない程度に。まず少量つけ乾燥が気になれば重ね塗りを。


2.顔に広げて手のひらで押し込む

手のひらで、顔全体にすみずみまで塗り広げ、軽く押し込んでなじませる。肌をこすって刺激しないように。


3.いつも通りのメイクで仕上げる

お好みで化粧水と乳液をつけ、いつも通りのベースメイクで仕上げる。外出時は帽子や日傘も忘れずに。

(引用元:からだにいいこと)



最近、敏感肌になってきたので、日焼け止め選びも慎重になりがちなんです。

紫外線吸収剤の入ってないものを使っています。


オイルを使って紫外線対策できるなら、ぜひやってみたい。

肌の保湿力が上がって、日焼けしにくい肌になるメリットもうれしいですしね。


今日はどれを押してみる?
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へにほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル