ホーム更年期障害・骨粗しょう症予防 ≫ 骨粗しょう症予防に欠かせないミネラルとは?

骨粗しょう症予防に欠かせないミネラルとは?


骨粗しょう症を防ぐために、カルシウムを積極的に取るのがいいと良く言われますよね。

乳製品は食べているし、カルシウムはサプリでも補っているから大丈夫と思っている人もいるでしょう。

実は、マグネシウムも骨粗しょう症を防ぐのに重要なんです。

マグネシウムは、体の中でどんな働きをしているのでしょうか?


あなたのクリックが記事更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

◇マグネシウムの働きって?

1.骨の密度を高める

マグネシウムは、骨の中にカルシウムの結晶を作るサポートをします。


2.血液中のミネラルのバランスを保つ

マグネシウムが足りなくなると、血液中のミネラルのバランスが崩れてしまいます。カルシウムだけではなく、カリウムやリンなどのバランスも保っています。


3.細胞内外のカルシウム濃度を保つ

マグネシウムがカルシウムを細胞の中に入れたり、出したりと調整します。

マグネシウム量が少なくなり、カルシウムの調整がうまくできなくなると、カルシウムが筋肉の中で多くなり、足がつったり、筋肉のけいれんを起こすことも。

経験者によると、こむら返りってかなり痛いようですね。

マグネシウム不足もその原因の一つなんですね。


◇マグネシウムを含む食品・マグネシウムを減らす食習慣とは?

カルシウムに対するマグネシウムのベストバランスは2対1です。

カルシウムをたくさん摂取しても、マグネシウムが足りないとカルシウムの効果は薄れてしまいます。


マグネシウムをたくさん含む食品は、豆類、ナッツ、海藻類、貝類などです。

マグネシウムを減らしてしまう食習慣は、お酒の飲み過ぎと甘いものの食べ過ぎ。今の日本人は、マグネシウム不足の傾向にあるようです。


私は甘いものの代わりにナッツを食べてマグネシウム補給をしてます。

特にくるみが大好きです。

某テレビ番組で「くるみが血管年齢を若くしてくれる」と放送があってしばらくは、スーパーの陳列棚からくるみがなくなった時は困りました。(>_<) 

今はブームが去ったらしく、売り切れということはないですね。


マグネシウムは体内のカルシウムをコントロールする重要なミネラルです。

カルシウムとマグネシウムをセットで取るようにすれば、骨粗しょう症予防に効果を発揮します。


記事が役に立ちましたらクリック頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル