ホーム乾燥・むくみ対策 ≫ 乾燥から肌を守る冬の肌荒れ予防法

乾燥から肌を守る冬の肌荒れ予防法


冬になると手にあかぎれができたり、かかとにひび割れができたりしませんか?

皮膚が乾燥するため、冬は肌荒れがおこりやすくなります。

冬の皮膚の状態はどうなっているのでしょうか?


いつまでも綺麗でいたいから
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

◇どうして肌荒れがおこるの?

皮膚の一番上の角質層には10~30%の水分が含まれ、保湿物質が水分を保っています。

そして、皮脂と汗によって作られる皮脂膜が、角質層の表面をコーティングしています。肌のバリア機能と呼ばれるものですね。


冬に肌荒れがおこる理由は2つあります。

1.気温が低くなるため

血行が悪くなり、新陳代謝が落ちるので、作られる保湿物質の量が少なくなります。皮脂や汗も少なくなるため、コーティング力も低下します。


2.空気が乾燥するため

角質層は、角質細胞が何層も重なってできています。その間にある保湿成分が減ると、角質層の水分が蒸発したり、細胞が縮んだりします。角質層にすきまができるため、皮膚の水分が蒸発し、乾燥がおこります。


もっと早く出会いたかった!何度も塗り直さなくてもいいリップ⇒唇専用の美容液「メコゾーム酵素リップバーム」


◇冬の肌荒れ予防法は?

乾燥から肌を守るためにできることは、


加湿器を使用する

部屋の湿度を60%以上に保ちましょう。


保湿をしっかりする

お風呂から出たら、10分以内に保湿クリームをつけて乾燥を防ぎましょう。


下着は綿の素材に

綿は吸湿性があるため、角質層が傷つくのを守ってくれます。


体を力を入れて洗わない

タオルで力をいれてゴシゴシ洗うと、角質層を刺激します。優しく洗いましょう。


お風呂は少しぬるめの温度で

熱すぎるお湯は皮脂を奪います。38~40度を目安にしましょう。



私はあかぎれにはあまりならないのですが、毎年足にしもやけができます。

親指と小指に必ずできます。

できて3日ぐらいとってもかゆいんですよね。(>_<)




綺麗になるコツが満載です
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

★おすすめ商品★

ブランディア「ブランド買取ブランディア」
いらない服を売っちゃいませんか?
レビューはこちら⇒たんすの肥やしを売ってお小遣ゲットしましょ!


新田コラーゲンコラゲネイド「新田バイオラボ コラゲネイド」
つい触りたくなるスベスベ肌になる
レビューはこちら⇒1日スプーン1杯でツヤ肌になるコラーゲン

ディセンシアアヤナス「ディセンシア・アヤナス」
花粉症の時期でも、肌荒れしなかった敏感肌用化粧品
レビューはこちら⇒エイジングケアもできる敏感肌用化粧水・美容液


関連記事
Copyright © キレイライフ、発見 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル